2代目

トヨエース2代目が開発されて、更にトヨエースは人気になっていました。最初のトヨエースが軽自動車としては、非常にリーズナブルで画期的ということもあり、市場での評価が高かったことがその要因の一つといえます。なかなかそのようなタイプの自動車は少ないので、ぜひ参考までに記憶にとどめておくようにするとよいでしょう。実際に、かなりクオリティの高い自動車として、当初は高く評価された背景があります。

 
トヨエース2代目は、1959年の3月に発表されたでしょう。従来のトヨエースとは結構異なるフォルムが特徴ですが、トヨエースとしての機能はしっかりと受け継がれているトヨエース2代目ですね。ベンチシート型にしたことで、3人で座れるようになったのです。これは、他の自動車会社が3人乗りをし始めたから、それへの対策として開発されたのでしょう。そして、この2代目は、1971年まで使われた長寿のトラックとなっています。12年と言うのはかなり長いですね。ちなみに、韓国の方でこの2代目がノックダウン生産されていました。

 
このように非常に高く評価されたという意味でトヨエースの2代目の歴史があったのです。実際に、人気の高い車種として、現在もユーザーから高く評価されているのは、その後も信頼を裏切っていないことが大きな要因といえるでしょう。